適度な運動でAGAを予防

最近よくスカルプケアという言葉を聞くようになりました。

髪の毛のトラブルで悩んでいる人はとても多いと聞いています。

特に最近では、薄毛や抜け毛は、高齢の男性だけでなく、若い男性や女性にも増えていると言われています。

抜け毛や薄毛は髪の毛の問題ではなく、頭皮にも問題がある、と言われています。

若い男性でも薄毛の症状がみられる場合は、AGAの可能性があります。

AGAは男性ホルモンが大きく影響されていると言われています。

男性ホルモンは、体質的なものがあるので自分でコントロールすることはなかなか難しいものがあります。

ふだんの生活の中でもAGAにならない、またはAGAを進行させないことは可能です。

そのひとつに適度な運動があります。

AGAは動物性食品の摂りすぎにより脂肪が体内に貯まってしまうことで、毛母細胞まで十分な得舞いようが生き届かず、薄毛になってしまうと言われています。

また脂肪の摂りすぎにより頭皮の皮脂分泌が多くなり、毛穴を詰まらせてしまうことになってしまいます。

そのため、ますます毛髪が細くなったり、育毛を妨げているという結果になります。

適度な運動をすることで、脂肪を燃焼させ、また血流もよくさせるので、体内に十分血液がまわるということになります。

運動により汗をかくことで、毛穴に詰まった老廃物を出したり、デトックス効果も期待できます。

運動する時には無理をしないで、自分のペースで適度な運動を心がけるのがよいですね。

きつい運動は逆にストレスになってしまい、血管にも負担がかかってしまうので、その点は注意が必要です。

▼参考サイト:http://moneyinpoliticsohio.org/